順張MACD

今すぐ、IG証券株式会社口座開設を!

Optionbit (オプションビット)の広告が終了になりましたので、当サイトで紹介可能なのが、IG証券株式会社だけです!

FX

Optionbit(オプションビット)は広告終了です。

順張りはMACDを見て判断しましょう

勝率を上げる為の指標の説明

逆張りの機会を探るのに役立つのがボリンジャーバンドであれば、一方の順張りのタイミングを判断するのに役立つのはMACD(マックディ)と呼ばれるオシレーター系のチャートになります。

 

このチャートはRSIと
比較すると少々ややこしい計算式で算出されています。

 

これを全てここで説明するのは少々長くなってしまうので省略して、重要な点のみお話しすることにします。
では、チャートの構成を見てみましょう。


チャートは横軸に時間、縦軸に0を中心とした上半分にはプラスの領域、
下半分にはマイナスの領域となっています。

 

RSIと異なる点として、折れ線は2本あります。

 

1本はMACDを、もう1本はシグナルと呼んでいます。

 

この2本の線は、ほぼ平行して上下に動いていくのですが、
MACDが若干先を行き、シグナルはその動きを追いかけている形になっているのが一般的です。

 

この2本の線がプラス領域の上部にあればRSIと同じ「買われ過ぎ」のサイン、
マイナス領域の下部にあれば「売られ過ぎ」のサインと見なしてまず問題はありません。

 

その中でも、プラス領域でMACDがシグナルを上から下に抜ける「デッドクロス」や、マイナス領域でMACDがシグナルを下から上に抜ける「ゴールデンクロス」が現れた場合は、相場が転換した確率が高いと言えます。
この転換を上手く察知して、新しいトレンドの流れに任せて
順張りをすれば、バイナリーオプションにおいて勝てる確率がぐんと高くなるかもしれません。

 

免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じた
 いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。