スキャルピング

TheOption

TheOptionは、リンク先下の【パートナーBO業者 (一覧)】からどうぞ!

当サイトのバイナリーオプション会社の広告は、TheOptionを除き終了しました。


(ツールや、インジケーターはランキングで紹介しています。)

レンジを抜けた時に備えてチケットを購入

FXをバイナリーオプションに活用する説明

ここではバイナリーオプションを
リスクヘッジに活用する具体的な方法についてお話ししましょう。

 

FX投資で「ドル/円」の通貨ペアを選び、
1ドルが80.000円前後でスキャルピング取引をおこなったとしましょう。

 

ちなみにスキャルピング取引とは、
FXにおいてわずか数銭の値幅を稼ぐ方法を言います。

 

1回あたりの取引金額が1万ドルだった場合、たとえばドル/円相場が
1銭動いたならば100円の利益が手元に残るということになります。

 

そこで相場が79.800円にまで下がってきたところで買いの注文(新規注文)を、80.200円まで上がった場合は売りの注文(決済注文)を入れると4000円の利益(値幅40銭)が確定となります。

 

逆に80.200円まで上がったら売りの新規注文を入れて、79.800円にまで下がったら買いの決済注文を入れて、同じく4000円の利益となります。

 

 

この2つを何度も何度も繰り返すのです。

 

相場があまり動かない場合には、とても小さな値幅であっても価格は上がったり下がったりしますので、このようなスキャルピング取引が有効なのです。

 

しかし、時間が経つと相場が79.800円未満と80.200円超の値幅を
すり抜けて大きく下落、または反対に大きく上昇することもあります。

 

そんな時に備えて、79.800円未満と80.200円超で払い戻しが
確定するようなバイナリーオプションのチケットを購入しておきましょう。

 

そうすればかりにそれぞれ50円のチケットを10ロットずつ購入すれば、
いわゆる「保険料」は1000円で、どちらかの投資条件が当たれば
1万円が受け取れるので、利益はその差し引きである9000円となります。

 

このようにFXの損失をバイナリーオプションである程度までならば、
穴埋めすることができると言えるでしょう。

 

免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じた
 いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。