投資判定ルール

TheOption

TheOptionは、リンク先下の【パートナーBO業者 (一覧)】からどうぞ!

当サイトのバイナリーオプション会社の広告は、TheOptionを除き終了しました。


(ツールや、インジケーターはランキングで紹介しています。)

バイナリーオプションの3種類の判定ルール

バイナリーオプションの基礎の説明

バイナリーオプションには投資結果における
投資判定ルールにもいくつかの種類があります。

 

基本的には、
「ハイアンドロー」、「ワンタッチ」、「レンジ」の3種類です。

 

これら3種類は一定時間後や時間内の為替レートが円高か
円安のいずれかに動くのかを予想するということについては
同じです。

 

違う点は、為替の動きがどうなっていれば
払い戻しが受けられるのかという判断基準です。
まずは、これら3種類の大まかな特長を説明します。

 

まずは「ハイアンドロー」。
こちらは取引判定時間に円の価格が基準レートよりも上がったのか下がったのかが判断基準となります。
大切なことは基準レートよりも上がったか下がっただけで、
判定時間までに為替がどう動いたかは全く関係がありません。

 

次は「ワンタッチ」。
こちらは取引時間全体が判断基準となります。
取引時間内に円が条件レートに一度でも到達したのか、
それとも一度も到達しなかったのかで結果が出るのです。
一度でも到達したならば、それは達成したことになるのです。

 

最後は「レンジ」。
たとえ円高でも円安でも判断時間のレートが
「レンジ」内におさまっているかどうかというのが判断基準になります。

 

バイナリーオプションを扱う会社全てが、
この3種類のバイナリーオプションを提供しているわけではありません。

 

また、それぞれに取引のおもしろさや醍醐味も違います。
取扱会社のホームページなどを参考に、自分と相性の良い取引方法を探してみてはいかがでしょうか。

 

免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じた
 いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。