米国雇用統計発表時BO攻略方法

TheOption

TheOptionは、リンク先下の【パートナーBO業者 (一覧)】からどうぞ!

当サイトのバイナリーオプション会社の広告は、TheOptionを除き終了しました。


(ツールや、インジケーターはランキングで紹介しています。)

米国雇用統計発表時のバイナリーオプション攻略方法。

勝率を上げる為の指標の説明

アメリカの雇用統計は、基本的に毎月第1金曜日のニューヨーク時間で8時30分(日本時間の21時30分、冬時間の期間は22時30分)に前月の統計結果が発表されることになっています。

 

この雇用統計発表時とほぼ同じくしてドル/円が数十銭単位で大きく動くこともよくあるのです。

 

しかし、瞬間的に大きく動いたとしても、またすぐに元どおりの水準まで戻ってしまうことも少なくありません。

 

したがって、チャートなどで値動きの方向や強さなどを見ながら今後の行方を判断しなければなりません。

 

 

アメリカでは失業率の数値が前月に比べて下がったり、非農業部門雇用者数変化が増加したりすると、世界中の投資家はアメリカの経済にとってそれらを「前向き」なサインとして捉え、また逆の場合は「後ろ向き」のサインとして捉えられます。

 

しかし、「前向き」なサインが出ても、必ずしもドルが上がるというわけでもないのです。

 

雇用統計発表時の数字が前月を上回っていたとしても、金融機関や研究機関があらかじめ出した
雇用統計予想よりも悪い数字だった場合、その失望感からドルが売られることがあります。

 

もちろん、その逆で「後ろ向き」の数値が発表されても
事前の予想よりも良かった場合は、ドルが買われることも珍しくないのです。

 

このように雇用統計発表時と同じタイミングでドル相場が大きく動く可能性も高くはあるのですが、
上がるのか下がるのかを予想するのは難しいことです。

 

上がると下がるの両方を同時に購入して、どちらかが当たるという戦略を立てるのも一つです。

 

免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じた
 いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。