権利

TheOption

TheOptionは、リンク先下の【パートナーBO業者 (一覧)】からどうぞ!

当サイトのバイナリーオプション会社の広告は、TheOptionを除き終了しました。


(ツールや、インジケーターはランキングで紹介しています。)

将来売買する「権利」に投資

FXをバイナリーオプションに活用する説明

バイナリーオプションの「バイナリー」の意味は、
「二者択一」でありまた、「ニ進法」だともご説明しました。

 

では、もう一方の「オプション」は、比較的ほかの投資においてもよく聞かれる言葉ですが、ではいったいどのような意味を持つのでしょうか。

 

少し難しく聞こえたかもしれませんが、ベースはとてもシンプルな仕組みなので、簡単に理解できます。

 

「オプション」のもともとの意味は「権利」です。
分かりやすくいえば、株式や貴金属などを
将来売買する「権利」に投資をするということ。

 

これをオプション取引と言います。

 

「権利」の売り買いとはあまり聞きなれないですので、
簡単な例をあげてみましょう。

 

作物の出来が天候に左右されやすい秋の味覚である
松茸の仕入れ値をずっと前の春先に決めてしまい、
その保証代金(権利)を売買することなどです。

 

もう少し詳しく説明しましょう。
平均1Kgが1万円する松茸の収穫量が少なかった年には、
同じ1Kgが2万円に高騰してしまうことはよくあります。

 

このような場合、秋口に1Kgを1万円で
買う権利を1000円で購入するのが同じ取引です。

 

この権利を持っていれば、秋口に2万円の値段がついてしまっても
1万円で購入できるわけですから、オプション代金を差し引いても9000円の儲けとなります。

 

そして、もしも豊作で1Kgが7000円で買えるとなったのならば、
この権利を放棄して7000円で購入するとすれば、
1000円のみの持ち出しということになるわけです。

 

免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じた
 いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。